音の戸(Otonotobira)

2020.03.04 ジャンル:blog

otonoto手帳「サイト名"音の戸(とびら)"にした理由」

oサイト名 音の戸(とびら)とはo
音の戸(とびら)を開けると、自分の人生が動き出しました。

音の戸(とびら)が開いたとき、音楽が溢れます。

音楽が好きな人には、もっと世界が広がるような、
音楽とかけ離れた生活を送っているとか、そんなに好きでないとか、
興味がないという人に音楽の世界が開けてしまうような、音の戸(とびら)。

私の奏でる音を奇麗だといつも言ってくれた大切な友の生まれた場所、音戸町...音の戸(とびら)…。

以上のような思いから、
サイト名「音の戸(とびら)」としました。

IT社会が進む中、アナログという原点はなくなることはないでしょう。
生の音。その場の空気、思い、人、物…。

音を奏でるとき、音の波が生まれます。目に見えない電波が出ています。
その波がその場にいる人に当たり、波を受け取って何かが芽生える。そしてまた前進する。

そんな音の戸(とびら)に響くような音楽を奏でていきます。


よろしくお願いいたします。


otonoto手帳「サイト名"音の戸(とびら)"にした理由」ページTOPへ 


© 2021 "OTONOTOBIRA"All rights reserved. Never reproduction or republication without written permission.