音の戸(Otonotobira)

2022.03.16 ジャンル:blog

『なんとなく君が好きだから』アルバム紹介

『なんとなく君が好きだから』

このアルバムは、アコーディオンとウッドベースのDUOの作品です。

(ユニット名''wbacc''

アコーディオン溝口幸子とウッドベース亀之輔。'楽しい!を音に詰め込んだ演奏'をコンセプトにしている。)

DUOの作品というと、二人の息がピッタリと合うのが醍醐味です。アコーディオンの蛇腹の開閉(押し引きとも言います。)にかかるなんとも言えない間。そして、ウッドベースの長いフレットを行き来する手の動きの間。それぞれが持つタイム感。曲に対する感じ方。
さまざまな要素が合うかどうか。合わせられるかどうか。

前置きはこのくらいにして



今回のアルバムでは、アコースティックサウンドにこだわったレコーディングで制作しました。スローテンポな曲から、アップテンポの曲まで集めました。聴いていると、なんとなく楽しくなる作品です。

1.ヤシの木、ゆれる。

あれ?ヤシの木達が、揺れてる?!

勝手に身体が動き出してしまうような曲です。

2.手の中に

繋いだ手に、想いを込めます。

手の中にぎゅっと、握ってみます。

手の中に込めた密かな想いとは?

3.雨、あがる。

土砂降りの雨の中に立ちすくむ自分。涙が枯れるまで泣いた。陽の光が暖かく照らしてくれたから、前を向いて進んでいこう。これからだ。

4.メープルシロップ(人に言えない恋心)

甘い甘いカエデ砂糖。

甘い甘いこの気持ち、誰にも言えない。

5.なんとなく君が好きだから

はっきり言ってね。

言わないと分からないよ。

いつまでも待ってるから。

6.ぼ〜っとしよ。

大きな大きなオリーブの木の下に寝転びながら、青い空を見る。

なんて気持ちの良い時間だろう。

現在、サブスクリプションサービスで配信中です。

下記アドレスにアクセスして、是非ダウンロードして聴いてください。

https://linkco.re/zRxU3hd0

 

CDでも販売しています。

『なんとなく君が好きだから』

¥1,500-(税込)

お問い合わせは、

moonshiptrip@gmail.com

otonotobira溝口まで。



『なんとなく君が好きだから』アルバム紹介ページTOPへ 


© 2022 "OTONOTOBIRA"All rights reserved. Never reproduction or republication without written permission.